ホームページ > ニュース > 業界ニュース >

ホーム産業はどこまで「ユーザー思考」をしていますか?

ニュースの分類
ホーム産業はどこまで「ユーザー思考」をしていますか?
発表時間:2019-07-30

遠いホーム業界の「ユーザー思考」OW H?

「ユーザー思考」は、プロダクトマネージャーがよく言及する一種の思考モードであり、ユーザーニーズを解決し、製品の継続的な進歩を促進するための出発点としてユーザー思考を取り入れます。

ユーザーの思考は、単にユーザーの好みに対応することではなく、ユーザーを先導することでもありません。ユーザーが本当に欲しいものを提供する製品です。製品がユーザーよりも思慮深いことを保証するために、研究開発を考えているユーザーに。したがって、ブランドの賞賛を獲得するための良い公共の賞賛を作成します。

マーケティングの観点から見ると、ユーザーは単純に考えます。これは現在のほとんどのブランドの一般的な言い回しでもあります。しかし、実際に提供するのは製品です。それでは、これらの賞賛された製品のどれくらいが人生にありますか?

では 、家庭用業界 ユーザー思考の代表をカバーする業界のトレンドとなっています。業界ではユーザーの需要は明らかではありません。業界が変わるたびに、業界は新しい方向性を考え出します。完全な家の装飾、カスタムデザインなど。ただし、ユーザー要件の実際の実装およびソリューションでは明らかではありません。実際の革命というよりは、マーケティングの仕掛けになりました。

市場を慎重に分析すると、中国の消費が著しく上昇していることがわかります。一方で、経済力のある中流階級は差別化を追求しています。彼らはより高い生活の質を望み、外国のブランドに熱心です。そして、この中で、強力な国内ブランドが誕生する可能性が非常に高いです。

 

一方、第3層および第4層の市場の沈没は依然として巨大であり、一方で消費電力が改善されています。一方、消費者の美的嗜好と消費需要は、一次および二次都市とは異なります。彼らは目立たないが、 市場の 可能性は大きい。

要件を議論するときに一般化することはできません。顧客への顧客のポジショニングでは、ユーザーのニーズを解決したい。ノベルティはユーザーを引き付ける方法です。しかし、新鮮なものは一日中食べることができないため、ブランドイメージを確立するための長期的な開始から重要です。ブランドイメージは、2つのコア製品とサービスに過ぎません。

 

ユーザーはプロのデザイナーではなく、製品のデザインコンセプトを理解するのが難しいプロの経験者です。ただし、製品の実用性と使用経験を直接評価できます。商人は新しいスローガンを使い続け、製品には実際の変化はなく、体験はさらに悪くなります。この性質は、ユーザーの思考ではなく、より多くの利益を得る方法を考えてビジネスにとどまることでもありません。

ユーザー思考は、現在主流ではない場合でも、より高度な開発モデルです。商人の利益志向のマーケティングモードは長い間支配し続けますが、ユーザー思考の観点からますます多くの企業が優れた競争力を示します。

 

特に業界が鈍化している場合、企業が社内スキルを実践することが重要です。企業はマーケティングに焦点を当てて結果を決定しますが、業界にとっては、適者生存は業界の真の価値です。

参照: anywood.com