ホームページ > ニュース > 業界ニュース >

2018年、中国の合板生産の平均年間成長率は15%に達しました

ニュースの分類
2018年、中国の合板生産の平均年間成長率は15%に達しました
発表時間:2019-10-10

2018年、合板生産の平均年間成長率は15%に達しました

2018年、中国は1億5,534万立方メートルの合板製品を生産し、前年比3.3%増加しました。これは、 木材ベースのパネル 生産 の唯一の品種となり、 すべての木材ベースのパネル生産の65.3%を占め、前年比で1.2ポイント増加しました。過去10年間で、中国の合板製品の年間成長率は15.0%に達し、今でも木材ベースのパネルで最も急速に成長しているボードです。


2018年には、北京、天津、上海、青海、寧夏を除いて、残りの26の省(市、地区)に合板製品があり、そのうち4つの省(地域)の出力が1,000万立方メートルを超えています。


中国東部の合板製品の生産量は、63.7%減の全国総生産量の2.0%を占め、中国の合板製品の主な生産地域であり続けました。中国南部の生産量は4.1%増加して18.3%になりました。地域の生産高は、前年比0.3%減の8.9%でした。華北の生産量は全国の総生産量の0.3%を占め、4.6%減少しました。北東部の国民総生産に占める割合は、1.5%減少して1.6%になりました。昨年の5年目は6年目でした。南西地域の生産量は、前年の6回目のジャンプから5回目まで、全国の総生産量の2.8%を占めました。南西部と北西部の生産高は、それぞれ全国生産高の2.5%と0.1%を占めています。


2018年の中国の合板製品の消費量は187,500百万立方メートルで、前年比1.6%増加しました。過去10年間で、中国の合板製品消費の平均年間成長率は16.3%に達し、成長率は低下し続けました。木材ベースのパネルでは依然として最も急速に成長しているプレートであり、消費成長率は生産成長率よりもまだ1.3%ポイント高くなっています。 2018年、中国の合板製品の在庫は前年比で減少しましたが、米中貿易摩擦の影響により、企業収益は減少しました。


2018年、国際貿易摩擦は合板製品の輸出に一定の悪影響を及ぼしましたが、中国の合板製品の輸出量はまだ1,134万立方メートル(換算)に達し、前年同期から3.6%増加しました。輸出額は55億4600万米ドルでした。 、前年より8.8%増加し、過去3回連続の減少を逆転させました。輸入合板製品は約163,000立方メートル(換算)で、前年同期から約12.1%の大幅な減少で、2年連続で減少しました。輸入額は1億5600万米ドルで、前年比3.3%増加し、3年連続で増加しました。


合板製品の輸出の平均単価は489.15米ドル/ m3で、前年同期から5.0%増加し、2年連続で低下した以前の輸出平均単価の傾向を逆転させました。輸入の平均単価は957.06ドル/ m3で、前年同期から大幅に増加しました。 17.6%、2年連続で成長。中国の輸入合板製品の平均単価は、輸出の平均単価よりもはるかに高く、中国から輸入された合板のほとんどが高級合板であることを示しています。中国の合板製品は、最も国際的な貿易摩擦に直面する木材ベースのパネルの種類であり、輸出への道は大きな課題に直面します。


中国の合板製品の輸出国は、主に米国、フィリピン、英国、日本、アラブ首長国連邦、ベトナム、イスラエル、韓国などで基本的に安定しています。ただし、輸出量では、米国と韓国を中心とする伝統的な輸出市場の割合が縮小しており、フィリピン、ベトナム、イスラエルに代表される新興市場の割合が急速に増加しています。ロシア、マレーシア、インドネシアおよびその他の国は、中国の合板製品の主な供給源の地位を維持しています。

参照: anywood.com